春の女神「ギフチョウ」

P4081709.JPG


      モリコロパーク

    「林床花園」の

   コバノミツバツツジに

      吸蜜に来た

     ギフチョウです。



P4071842.JPG

      ギフチョウ

    年1回、4月頃にのみ現れ

    「春の女神」と呼ばれる。

   低山地の落葉広葉樹林で見られ、

     スミレ、カタクリなど、

    いろいろな花で吸蜜する。

    近年は生息地が減っていて、

 限られた場所でしか見ることができない。

      幼虫の食草は、

   カンアオイ、ミヤコアオイなど。


P4071843.JPG

P4081706.JPG

P4081707.JPG

P4081712.JPG


   ミヤマセセリ

3月下旬から4月にだけ発生し、

 落葉広葉樹林で見られる。

   地上近くを飛び、

  地表に翅を開いてとまる。

    幼虫の食草は、

 クヌギ、コナラ、カシワなど。


P4071840.JPG


      コツバメ

年に一度、3-4月に発生する、

   小さな茶色いシジミチョウ。

      胴体は毛深い。

雑木林の周辺に生息し、敏速に飛ぶ。

   小さいうえに、翅の茶色が、

   落葉や樹木にまぎれるので、

      見失いやすい。


P4081732.JPG

P4071835.JPG


    トラフシジミ

 濃茶色に白いストライプが入った

    シジミチョウ。

  羽根の表面はコバルトブルー。

  4~5月に出現する春型は、

  白のストライプが鮮やかだが、

  6~8月に出現する夏型は、

   模様がはっきりしない。


P4081721.JPG

P4081725.JPG


    クマバチ

P4081696.JPG


    ヒヨドリ

P4071826.JPG


     今日の朝刊によると

       名古屋市では

       キフチョウが

   「絶滅」に分類されたようです。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント