「 遥かなる山河 」 白馬の渓流釣り 1日目(5月2日)

画像

河原には残雪、雨と雪溶水で川は増水、白濁し渡渉は不可能 岸からの拾い釣り、急流でポイントは限られ釣果は望めない。

今年 初の白馬遠征 2泊3日の渓流釣り、いつものNさんと同行、
G・Wの釣りは、去年まではテント持参のキャンプ釣行だったが、今年はペンション泊
2日目から白馬の予定で、今日の目的地は実績がある富山県八尾町(現:富山市)のB川、
12時に出発、R248、R156経由で白鳥インターから東海北陸道利用で清見インターまで、
そこから卯の花街道、R41を経由して富山県八尾へ、
白鳥手前あたりから雨が降り出して、ひるがの高原あたりからは雷と豪雨が1時間ほど続いた、現地に着いた頃は小降りになった、
夜明け前で暗く 川の様子は解らないが川音から判断すると、かなり増水している模様だ、
朝食をとりながら夜明けを待つ、
明るくなって、川を見たらかなり増水している、雪解け独特の白濁しているが 釣りが出来ないほどは濁っていない、
雨は降り止まないが、小雨になったので釣り開始(6時に入川)
川に下りると、思ったより水位が高く流れも早い、渡渉は不可能で岸からの拾い釣り
100mほど釣りあがったら川岸が崖になっていて先きには進めない、
この川、両岸ともに、岩盤の崖が多く、渡渉しないと釣り上がることが出来ない、
流れが速すぎてポイントも限られ とても釣れる気がしないので この川を断念

第二ラウンド
増水の影響のすくない川を選定
熊野川の支流の支流の上流部へ移動、
この川も思った以上の増水、流れが速く川には入れないので、岸からの釣り、
ねばって、岩魚1尾GET、 この川も早々に断念、
この状況では何処へ行って同じようなもの、
今日は昨日までの暖かさが嘘のように寒く、2人とも戦意喪失、
釣りはこれまで、、、、、終了。
 
この付近で評判の蕎麦屋さんで昼食、ゆっくり休憩しようと思ったがこの店、禁煙
評判ほどの味ではなかった、ま、普通かな?
禁煙では ゆっくり出来ない、、、早々に 退散、
最近 禁煙の店、多いですね、

画像

          普通によくあるえんじ色の花のエンレイソウ

画像

ジンジソウ 秋に咲く花の形が「大」に似たダイモンジソウに対し、こちらは春に咲き、花の形が「人」に似ているのでジンジソウと名付けられた。

白馬までの道中、新潟県境に近いS川の様子を見に立ち寄ったがここも大増水、
白馬から流れてくる姫川本流は洪水状態、各支流も大増水、
雨はやんだがこの分では簡単に水位は下がりそうにない、
明日の釣り場の選定に迷う、

画像

今回、宿泊した小谷村、白馬乗鞍『ペンションつばさや』 廃村になった民家を改装したもの、オーナーは愛知県豊山町出身の元航空機点検整備のエンジニア、
飛ぶことが好きで名前を『つばさや』とされた、去年、結婚された息子さんの名前も「つばさ」君、
ここではパラグライダースクールの講師登山ガイドもされている、高いところがすきなんですね?
料理が美味しく
、気さくで、気兼ねなく、居心地がいい、こちら方面の釣りの定宿にしている、  お勧めです

6月になると山の花も一斉に咲き始めます、栂池自然園の散策 がお奨めです、
夏になると、シャワークライム、姫川のラフティングも面白いですよ。

  ペンション「つばさや」
  http://www.valley.ne.jp/~tubasaya/main.htm







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック